西島悠也が明日から使える部下育成学をご紹介

西島悠也が教える明日から使える部下育成学

西島悠也の部下育成学

西島悠也が教える明日から使える部下育成学

 

上司と部下で信頼関係を築くことができればお互いのモチベーションアップにつながります。

 

仕事を円滑に進め、より良い出来にするためにも円満な関係であることは重要です。

 

今回は、明日から使える西島悠也による部下育成学をご紹介いたします。

 

部下を育成する際、一番重要なのは、相手の気持ちを考えて行動するという事です。

 

もしあなたが愛情を持って部下を叱ったとしても、その気持ちは部下に届いていないかもしれません。

 

すると叱られた部下の半分以上はやる気をなくしてしまうのです。

 

では、どのような言葉を用いて部下を育成するべきなのでしょうか?

 

【ポイント1:「叱る」のではなく「質問する」】

 

人の心はデリケートなので、強い言葉を浴びせれば反発したり、そっぽを向いたりします。

 

そこで、部下が何か失敗をしてしまったときは「叱る」のではなく「質問する」という選択肢をとりましょう。

 

あなたの部下は子供ではなく、人間としての「プライド」を持っています。

 

そんな彼らには大声で怒鳴り散らすよりも、諭す方が効果的なのです。

 

【ポイント2:ほめるときは理由をつける】

 

部下をほめるときは「よくやったな」「頑張ったな」と一言かけて終わりがちですが、部下のどの点が良かったのか理由も添えましょう。

 

そうすることで部下は、自分のどこが良かったのかを具体的に知ることができ、その点をより意識して伸ばすことができます。

 

是非褒め上手な上司になりましょう。

 

【ポイント3:ポジティブな言葉遣いをする】

 

日ごろからポジティブな言葉遣いをすることでも、部下のモチベーションは上がります。

 

例えば締切があと3日後に迫っているときは、「あと3日しかないぞ」という言葉を使うより「あと3日もあるぞ」という言葉を使いましょう。

 

人間は制限を設けられたり、ストレスを感じたりすると自然と生産性がさがります。

 

部下がストレスなく、伸び伸びと仕事が出来るような環境づくりを心がけましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

現代の若者は昔と比べて「根性がない」「やる気がない」と思われがちですが、きちんと扱ってあげれば高いパフォーマンスを発揮します。

 

部下をきちんと育成することも上司の使命の一つです。

 

ここで紹介した部下育成学を意識し、明日から早速部下から慕われる上司になりましょう。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ